記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駿河湾のビッグフィッシュを求めて


駿河湾にコノシロ接岸の噂。
話しによると駿河湾のサーフにコノシロが入ったようでシーバス、ワラサ、ヒラメが絶好調との事。
行くしかない!と即行動!
定番のマグナムスプーン、ジョインテッドクローを始めビッグベイトをひっぱり出しいざ、約200km先のパラダイスを求めて出発。
地元、横須賀を22時頃出発し、ポイントに着いたのは午前2時前。
ウェーダーに着替えライフジャケットに身を包むと何ともやる気が漲る!
暗い内はコノシロのいる位置を探す為、ビッグバッカーで広範囲に探りながら同時にレンジを刻む。
暫くすると表層付近でコツコツ当たるコノシロを発見。
ルアーをお気に入りのブローウィンに替えてベイトの居るラインを通すとワンキャスト毎にルアーのフックに鱗がびっしり。

スレ掛かりも多数あり、雰囲気バツグン。
ルアーをスネコン130sに変えスローに漂わせながらフォールを混ぜる。
しかし、コノシロの移動が早くあっという間に反応が消える。
反応が消えてはバイブに戻し探しての繰り返し。
地元アングラーさんの話しでは昨夜はワンキャストワンコノシロとルアーが回収出来ない程でしたよ。今日は明らかにコノシロが少ないですね。と...
話からも前日とは状況が変わっているようで得意の前日までは良かったんですよね!的な釣りあるあるが頭をよぎるw

日が昇り始めるタイミングになり期待感が増すが、相変わらずルアーの反応からはコノシロの居場所が分からない状態でキャストを繰り返すが魚からの反応は無い。
無情にも時間だけが過ぎ、午前9時。
地元アングラーさんも魚を抜けたかも知れませんねとゾロゾロと撤収される。
そこから1時間程 海を眺めていると突然500mぐらい先で爆発的な大ナブラ!!!
ナブラの音も出方も半端じゃないくらいデカイ!!!
届かない事が分かっていながらも、近くに寄る事を願いながらキャストを続けるが、願い虚しく静まりかえる水面。
一旦、休憩がてら食事を摂り、googlemapと睨めっこをしながら逆側のサーフを覗きに行くとヒラメが好調らしく人がビッシリ。様子をみながらサーフを歩くと数名のアングラーさんがヒラメを持っている。コノシロの話を聞いてみるとこちら側にはコノシロでは無くカタクチであろうベイトが入っているらしく、少し前まではコノシロが入りシーバス、ワラサと好調だったようだ。
今の状況的にはやはり最初に入ったサーフ側が濃厚らしい事を教えてくれた。
仮眠後、ヒラメもとても、とても捨てがたいが夕マヅメのポイント選択は今日はコノシロ付きのビッグシーバスをやりにきた!朝の状況からして薄いのは感じていたが今、迷いたくなかった。一番に入ったサーフでコノシロが入る事に賭けポイントに戻る。
朝と同じようにコノシロを探しながらキャストを繰り返し、広大なサーフを歩き回る。
ボトム付近でコノシロを発見し、バイブでリフトアンドフォールを繰り返していると隣で投げていた弟に待望のヒット!
しかし、惜しくも近くまで寄せるもエラ洗いでバレてしまった。
その後、投げ続けるがコノシロを見つける事も出来なくなり、帰りの時間を考慮して後ろ髪を引かれる思いで納竿。15時間以上投げ続け、疲労困憊。
シーズン中にリベンジを誓い撤収しました。とても悔しい思いでしたが、こんなに大きく見える富士山の麓で竿を振れる爽快感と一筋縄では行かないアウェーの地にまた釣りの魅力を感じた釣行でした。
待ってろ駿河湾!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。