記事一覧

squidpatternspecial シーバス編

LIVEに遊びに来て頂いた皆様ありがとうございました✨
何とかkoiwashi55sにてLIVEで釣る事が出来ました。今日はメバル狙いだったのでバッチリメバル仕様でリールも2000番にPE0.4号。リーダーもフロロの3lbと決して無理は出来ないタックルバランスでしたが、魚と喧嘩しないように優しく優しくファイトして何とかキャッチしたのは73cmのシーバス。このタックルで獲れた事も、とても意味がありました。リーダーの結束はもちろん、ファイトスタイル、ラインメンディングやロッド不可の最大値。
先程もLIVEで言ったのですが、この時期の地元ではバチが先行し、なかなか港湾ではベイトパターンでの釣りが厳しい時期です。
今日は昨日の南の爆風から一転、北に変わりポイントの状況的には左から右に吹いている感じでした。
何度も書いていますが、koiwashiは本当に泳ぎに弱く、リールで巻いてしまうと全くコントロールが出来ません。
しかし、風や流れを使いながら流したり漂わせたりという事に関してはピカイチです✨きっと初めて手に取り一般的なルアーの感覚でリトリーブすると何だこれ?と思う方も居るかもしれません。簡潔にイメージを伝えるなら、横の釣りでは無く、縦または斜めの釣りです!上下に探るイメージを掴めば絶対釣れます。
横の動きに反応しない魚は沢山居ます。スレている時やマイクロベイトパターン、ディープレンジに下がっている個体などは拾えます。
そしてもう1つは食い方。
バチなどを除いてミノーやバイブなどで巻いて食わせた場合、ルアー、ラインから手元のロッドに伝わる感覚はゴッツン!ゴチン!硬い感じだと思います!それは魚が反転した当たり方から来る感覚です。koiwashiは違います。シーバスに限って言えば当たりを感じない時があります。じゃあどうやって分かるのか?フォールさせてるラインが走ります!今日もそうでした。食ってから反転しないんです。
食ってからスーッとゆっくり泳いでいる感じです。ランディング後の映像を見て頂いた方は分かると思いますが、喉の奥まで半分ルアーが入っている状態です。自分もシーバスをかれこれ数千匹は釣っていますが、食ってから飲み込もうとしているルアーは初めて見ました。これで2回目です。自分の中で感覚の似ている市販のルアーはブルーブルー/スネコンです!
koiwashiは万人ウケはしないルアーかも知れません。でも @shuuriya さんの全国釣果の夢は一緒に叶えて行きたい!そして俺はこいつと一緒にもう1度メディアでやりたい!手に取って貰ったら分かります!こいつの食い方の違いや横の動きに反応しない魚が反応する瞬間が...
そして何よりもっともっとルアーでの釣りが面白くなると思います!
オートマチックでは無いんです。
全てマニュアル操作です!
釣って下さい✨
宜しくお願いします(( _ _ ))
「LIVE=インスタLIVE」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント