記事一覧

使い分け

squidpatternspecial/koika45s/koiwashi55s
2つのルアーの使い分けについて。
両機とも漂わせる事には変わりはありませんが大きく違う所は自分的には水の当て方。
koiwashi55sは頭で水を当てるのでは無く側面に当てながら斜め下方向に流す。
ある程度のレンジまで来たら少し巻くなり、ロッドを煽るなりして側面に水が当たる様にラインをコントロールしながら斜め下を意識しながら流して行きます。
最終モデルを触った感想は100%漂モデルに比べると巻きでも使えるイメージ。ゆっくりリトリーブするとフラフラとか弱そうに泳いでくれます。しかし、浮き上がりがとても早いのでティップの角度とラインのコントロールは必須。
一方、koika45sはお尻側で水を割くイメージ。尻すぼみボディーの尖ったお尻を下方向に落とす感じです。
ほぼほぼ縦の釣り。流れや風がある程度あれば斜めの釣りも可能ですが、早々バッチリなタイミングは無いので自分的にはメインは魚の濃そうなゾーンを余り巻かずに長めにネチネチと上下で誘います。
横の釣りがハマる時もあるし、縦の釣りがハマる時もあるので両機共に必需品✨
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント